トップページへ

プール


プール

 ミナミちゃんとの距離について、水が繋いでくれているような感覚になりました。

普段のオルタレゴなどで、空気を共有する時間よりも、プールの中で、

プールの水を共有したほうが、より、水が、近づけてくれていたような感覚に陥りました。

表情は変わらないことも多かったけど。それから、ミナミちゃんの水中ウォーキングのスマートさに驚きました。

あんなにスムーズにするすると進めるんだ、と。

エミちゃんと私は前に進もうとしても、水の抵抗を受けてなかなか進めないのに。

プールの感覚が好きで、すらすら進んでいたのだったら良いな、と感じる場面でした。

休憩の後に2人で行った、ウォータースライダー、そこへ行くまでの歩いている表情がすごく柔らかくて、楽しそうでした。

楽しかったかな。楽しんでくれていたら、私も楽しかったので、うれしいです。



とんちゃん

 プールの帰りの車で、「ノンちゃん、また、プール」と、名前を呼んでくれました。

すごーく嬉しいです。トンちゃんに、オルタレゴに、ノンちゃんの場所あるよ、座ってもいいよって言われているみたいでした。

トンちゃんの言葉は、丁寧というか、うーん、じんわり。食べ物の話しが多いけど(笑)愛しいな~って気持ちになります。

そして、トンちゃんは一人で家に水着を取りに帰っていたみたいです。

12時ころ。取りに行きたかったから、お昼ご飯の買物行かない って言っていたのかな。

どうなのかな、とんちゃん。



 レポートというか、日記のような感想文になってしまいましたが

プールに行くと、いつもとは少し違う雰囲気のみんなが見れて、とても楽しかったです。



ノン

 プール

#日々

2017/07/03


×