トップページへ

きみはぼく

オルタレゴへ来てくれた大学生のうでをつかむと、
彼の腕時計を長い間じっと見ている。
まるで自分の腕時計を見ているように、
自然に人の腕時計を見ているとんちゃん。
自分と他者の境界線がとても希薄なんだなと感じます。

きみはぼく

#オルタレゴ

2015/09/14


×